RIOの日記

。゚+.映画・海外ドラマ・旅行・食べ歩きを楽しみながら暮らす30代OLのDiary+.゚

Book

『本気でFIREをめざす人のための資産形成入門』

先日FIRE*1の本を読み、「私もFIREを目指す!」と、具体的に目標を抱くようになりました。 www.rio-diary.com 今回ご紹介するのは、日本人でわずか30歳でFIREを達成した穂高唯希さんによる著書『本気でFIREをめざす人のための資産形成入門』。 著者の穂高さ…

『FIRE 最強の早期リタイア術』 - 普通の会社員でも30代でのリタイアを目指せる

あなたは"FIRE"という言葉を聞いたことがありますか? Financial Independence, Retire Early 経済的に自立し、早期リタイアする という意味。 この本は、 極貧の中国系移民の子供として育ち、 普通の大学を出て普通の会社員となり、 31歳で億り人*1を達成し…

『猫はためらわずにノンと言う』 - 愛猫から学ぶ猫の生き様

猫と一緒に過ごすと、猫のエレガントさや自立心、凛とした姿を間近で見ることができます。 私の旦那さんは、以前まで犬派でしたが、ニャンズと暮らすようになり完全に猫派に。 鍋つかみにタオル、置物・・・家の中には猫グッズにで溢れています。 (私はずー…

『流浪の月』(凪良ゆう) - ゴールデンウィークにオススメの一冊【2020年本屋大賞受賞作】

いよいよ始まりましたゴールデンウィーク! おうちでまったり連休なんて、めちゃくちゃぜいたく… 映像作品を楽しむことが多いですが、今年のゴールデンウィークは読書からスタート。 手に取ったのは『流浪の月』(凪良ゆう著)。 2020年の本屋大賞を受賞され…

『ストレングス・ファインダー2.0』 - 弱点の克服より、強みを伸ばそう!

外出自粛生活が始まって、もう一ヶ月。 それに伴い、時間の使い方も明らかに変わりました。 www.rio-diary.com 私はというと、会社が手配してくれたグロービズ学び放題を使う時間が増えました。 この春に昇進したこともあり、今まで以上にキャリアを意識する…

『サードドア:精神的資産の増やし方』(アレックス・バナヤン著)

今までの当たり前の生活が一変してしまった今だからこそ、こう考える人も多いのではないでしょうか。 このままの人生でいいのかな? 今回ご紹介する『サードドア:精神的資産のふやし方』の作者も、大学生活の中でふとそんなことを思いたち、ユニークな挑戦…

『熱源』(川越宗一著) 感想

2020年の目標の1つとしても挙げたとおり、読書量を増やすことに注力中! 去年まではビジネス書を読むことが多かったですが、今年は小説も読む量を増やそうと思っています! そこで今回手に取ったのが、直木賞を受賞した『熱源』。 史実をベースにしたフィク…

【ネタバレ感想】「天才作家の妻ー40年目の真実-」妻としてのプライドと愛情を繊細に描く

アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたグレン・クローズ主演『天才作家の妻-40年目の真実-』を観てきました。 「天才作家の妻-40年目の真実-」見てきたグレン・クローズの演技が光ってた。口数少ないけど気持ちが滲み出てくるジョーンの表情が印象的。妻…

「失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!」大野正人著〜大人も楽しみながら学べる一冊!〜

大野正人さんの「失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!」を読みました。 // エジソン、黒澤明、ココ・シャネル、ウォルト・ディズニー。 誰もがその名を知る偉人たち24人の成功の陰にある、たくさんの失敗エピソードを紹介しています。 誰もが知る偉人だからこ…

【レビュー】「フィンランドの幸せメソッドSISU」幸福度世界No.1の国の生活スタイルを学ぼう!

「あなたの幸福度は10点満点中何点ですか?」 そう聞かれたらなんと答えますか? 今の私の答えは、「7点」。 自己評価低すぎかな?笑 基本幸せだけど、もう少しお金にも時間にも余裕があると嬉しい。 そんな質問から世界各国の幸福度を調査し、毎年上位の常…

「イラストでわかる映画の歴史」映画ファンにオススメの、手軽に映画史を知れる一冊

連休初日の今日、大型書店をぶらぶらしていたところたまたま見つけて、そのまま衝動買いしてしまった一冊を、今日はご紹介したいと思います! あなたが初めて見た映画は何ですか? 本の概要 登場する日本人 作者のアダム・オールサッチ・ボードマンってどん…

【オススメ】「仕事は楽しいかね?」(デイル・ドーテン著) - 仕事だけじゃなく自分自身を高めるために。

「仕事は楽しいかね?」と聞かれたら。 今の私の答えは「はい。」です。 仕事が楽しいし、毎日充実しています。 ・・・アレ、この本、読む意味ない?笑 いえいえ、この本は決して仕事を楽しめていない人向けではないです。 私のように毎日仕事が楽しい人にとっ…

「その女アレックス」(ピエール・ルメートル著)を読んだ感想 - 残虐だけど悲しいストーリー(ネタバレあり)

2015年のこのミスの海外部門で1位となった本作。 Kindleの整理中に、買ったままずっと手付かずのことに気付きました。 読み始めたら面白すぎてあっという間に読了。 調べたらこのミス、本屋大賞に加え海外の文学賞も複数受賞していました。 それも納得の面白…

「嘘つき男と泣き虫女」(アラン・ピーズ/バーバラ・ピーズ著):夫婦円満の秘訣が詰まった一冊。相手を理解するって大事!

「毎日一緒に生活してるのに、パートナーが理解できない!」というのは世界共通。 日本のテレビドラマでも、ハリウッド映画でも、よく見る夫婦のシーンって似通ってませんか? 国が違っても、男女間の苛立ちの原因ってもしかして一緒なのかも。 男女の思考や…

「世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと」を読んで、人生を少しだけ豊かにする考え方を知った。

ビジネスマンの趣味ともいえるゴルフ。 筆者がそんなゴルフ用品メーカーに勤務していたときに知り合ったという、いわゆる大富豪との実際の会話から学んだ彼らの人生観がコンパクトにまとめられた本。 年明けにアマゾンのPrime Readingで一気読みし、心機一転…

お金の超ド素人の私が1月に読んで勉強になった本3冊

読書と同じく2018年の目標に掲げた投資。 とはいっても全くのド素人で何から始めて良いのやら・・・ ということで、投資に限らずお金の仕組みの基礎を学べる本を読みました。 お金に関する知識ゼロでド素人の私。 ですが、本を読んで今まで全く持てていなかった…

雑誌「死ぬまでにこの目でみたい西洋絵画100」・・・制覇できる日は来るのか!?

アメリカに来てから美術館・博物館に行く機会がグンと増えました。日本にいたときはわざわざ足を運ぶことがなかったけれど、身近に大きな博物館がたくさんあり、暇を見つけては通っています。 絵に関する知識は全然ないけれど、やっぱりすごく圧倒されるし不…

本屋大賞「羊と鋼の森」(宮下奈都)を読んで

最近、小説などは図書館で借りるようにしています。 さすが本屋大賞受賞作、話題性もあり、半年以上してようやく順番が回ってきました。 羊と鋼の森 作者: 宮下奈都 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/09/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2…

スポンサーリンク